PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018/11/21 TAKAQの革靴を買ったが…………

TQATS-12 14,029円
TAKAQ革靴TQATS-12


 足の裏まで革で出来た革靴は人生初購入(後日、ゴム底と判明)。メンテの練習をたっぷりやりたいと思います。
 写真だとわかりにくいけど、ものすごい艶々で赤みがかった深い茶色をしていて、オレンジの証明の下だとほとんど黒にしか見えないってところがミソ。

 本当はREGALで探そうとしてたし、値段的にもあまり長持ちしないだろうなと思ってはいるんだけども見た目がとにかくドンピシャで、足にもピッタリ合っていたのが決め手に。

無印良品 靴磨きセット

 無印良品でシューキーパー2490円、馬毛ブラシ790円、豚毛ブラシ490円も同時に購入。

 翌日、REGALでシュークリームとポリッシュも買ってきました。
 シュークリーム756円、シューポリッシュ540円。

リーガルシューケア用品
 メンテグッズだけで5,066円。
 実際はウェスやシュークロスなど他にも必要なものがあるのでもうちょいかかるわけで、やっぱり革靴って高くつく。そんなものを理由もなしに若者に勧める人は信用ならんね。
 革靴ライクなウォーキングシューズやスニーカーは履きやすいし雰囲気も出るしメンテもいらないから、最初の一足はそっちを勧める。黒い内羽根ストレートチップはそれで一生済むし。



 後日…………。

 ▼かなり明るいワインレッドだった件

 とりあえず表面を拭いくかと、わずかに水をつけて表面を擦ったら「なんじゃこりゃああ!?」 なんとワインレッド。しかもけっこうハッキリしたワインレッドの地肌がみるみる見えてくる。どうやら表面に黒い顔料で色付けしているだけだった。

 調べてみると、どうやらこれはガラスレザーと言って、革の上にガラスで表面処理を施し、さらにその上から顔料を塗る。という、本来ならメンテいらずの革靴=一切手入れをしないものぐさな人が買うような靴だったのである。

 つまり、その顔料が取れてしまったというわけ。

 レシートもどこかへ消えてしまってこれでは返品もきかないだろうし、すでに何度か歩いている。こうなったら意地でも履いてやる! とメンテグッズをひと通り揃えてやるも、色は変わらず。そう、ガラス処理されてしまうと油が表面に乗らないのだ。

たかきゅーの革靴が紫色に
←化けの皮が剥がれたあと   最初の状態→

2018/11/27
 黒いクリームを使っても色が塗られることはなく、次は「染めQ」で塗ってやろう!!と考えました。こんなことならVANSのOLD SKOOL残しておけばよかった。(染めQでダークブラウンにするつもりだったが、新しい靴を買ってすぐに捨ててしまった)

 どうする? → 「あがいてこの靴を染めQしてみる」「すぐに手放してREGALで革靴を買う」

 今回は後者を選ぼうと思う。一瞬にして1万4千円を失った苦しみを一生忘れないためにも、この靴はしばらく家に飾ることとした。染めQ買ってみるのもいいかもしれない…………。



 今回の敗因は「ガラスレザーという存在を知らなかったこと」 「買い物欲に駆られて衝動で買ってしまったこと」 「久しぶりの買い物ラッシュで金銭感覚が狂ってしまったこと」だった。

 この失敗を糧に、次はきちんとしたイイ靴を探す。

| ファッション | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mametarou135.blog135.fc2.com/tb.php/474-ba6cba18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT