PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メガロボクス



『ネオレトロ』が様々な業界で旋風を巻き起こしている。

バイクではYAMAHAがXSRで魅せてきたし、スーツ業界ではレトロモダンが注目されているし、アニメでも90年代の作品を中心につぎつぎリメイク・リバイバルなど起こっている。恐らく他分野でも「元ネタは古臭いんだけど、新しい時代のテイストを全面に取り入れている作り」がさらに注目されていくことと思う。

私はこういう作画が大好きだ。キャラデザもいい。音響も優れている。“空気感”もそこそこではあるけど伝わってくる。
タグ「男の義務教育」が似合う作品になってくれることを望んでいる。下手に露出の多い美女や萌えをいれて媚びないことを願う。

監督:森山 洋は初監督作品。マッドハウス出身のビジュアル系ということで恐らく一枚絵を得意とするタイプ。一枚絵を動かすようなシーンが多いのでそんな気がしてる。止め絵からの引きなどシティハンター風の描写もありそう。

脚本家:真辺克彦と小嶋健作はいずれも硬派でレトロチックな作品を好むようす。コンセプトは明日のジョーなので両名ならばほどよく“ジョー感”を出してくれると思う。

気になった音響効果:倉橋裕宗は担当してきた作品も有名どころが多いし、職人としてのこだわりを感じる部分が一話だけでも多々あるので、けっこう音に関しては安心してる。事業立ち上げたってことはかなり職人気質っぽいから、うまくハマることを期待したい。



ゆるキャン△でバイクツーリングブームが再び熱を帯びそうな今年度に、ダートトラッカーで始まる物語というのもアツイ。

| アニメ | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mametarou135.blog135.fc2.com/tb.php/455-62c809e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT