PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Fate/Zero

いちアニメオタクとしては今更?と思えるようなFateシリーズ初視聴(Fate/Zero BD版)しました
動機としては必修科目だろうということでの視聴です。正直そんなに興味ないアニメです。

ゲームはひとつもやったことないし(過去にStay Nightの格ゲーは見てたことある)、同人がめっちゃ盛り上がってるけどあまり魅力を感じず………ついでに同人誌界隈・MAD動画・まとめ動画・ネタとしての知識など一通りは頭に入っているので完全初見とは言いがたいかも。実は初代のStay Nightはあるんだけど、我が王イスカンダル×メインヒロインウェイバーちゃんメイン主人公言峰綺礼×AU王のコンビが好きなのと時間軸的に先なのでZeroから。

以下、批判・ネタバレ込み感想文なので注意ネ




評価

Fate/Stay Nightが衛宮士郎を中心としたボーイミールガール・日常ハーレム料理アニメなら、Fate/Zeroはズッコケとボケ担当だけが揃ったお笑いアニメである。

終始ボケっぱなし。ツッコミどころ満載というかツッコミどころしか無いのにツッコミ役がいない。少なからずツッコミに生きてきた自分にとっては心苦しいアニメだった。「もっとツッコミが欲しい」………せいぜいAU王がそれをやってくれてたけど本人もボケ混じりだし。


Fateの人気の理由はキャラクター・物語自体のバックボーンの練りこみ具合・声優の起用の上手さ等が挙げられるが、とりわけて面白いのが「ああもしこうなっていたら良かったのに」と思わせる…もしくはそうなったルートもあったと想像を掻き立てるゲーム自体の性質だと思う。やはりというかそれ故に同人界隈では猛烈な人気を博したのだろう。

脚本は虚淵 玄、内容はドラマ体質で“マイルドな鬱・グロの代表者”なのでいうまでもなし。

映像クオリティは最高で映画ばりの出来で、音楽はそこそこ。にも関わらず惜しいのは効果音。いっそ音楽なんて作らずに効果音に比重をおいてほしかった。

構成はよかったし、引きもうまい、話の繋がらせ方も良かった、終盤あたりの作り方も実験的で面白かった。だけど、記憶に残る名シーンがほとんど無かった。王の軍勢(アイオニオンヘタイロイ)の「然り然り然り」は好きだけど、聖杯問答・愉悦部は好きなシーンではあるけど話が濃すぎたせいか頭に残ってないし…やたらキャラクターの存在だけが色濃く残っている。

いいアニメだけど観終わってみると何も残らない、そんな感じ。けどアニメってそもそもそういうもののほうが真の名作ってよく言われてる気がする。未来少年コナンもそうだったし。



ツッコミ

全世界のロリ・ショタを敵に回した龍之介くん!イエスロリコン・ノータッチ。さわっちゃダメだよ!
さっさと死ねアイリスフィール
魔法はダメだがヘイト集めはEX。間桐雁夜のマダ男の生き方講座
やたら可愛い桜たんのツッコミはキレがあってよかった。すでに蟲姦されてたけど。
愉悦部へようこそ言峰綺礼
「ああっライダーが死んじゃった!」「←この人でなし!!」
“打算的で(胸も)小物な女の参考書”ソラウ・ヌァザレ・ソフィアリ
ズッ友チェーン
都合上脚本家からも踊らされてしまったハサンニキ可哀相、それでも一生踊ってろ
どこまですっとろいねん不幸少年 衛宮切嗣
アゾット剣()
騎士王に関してはもはや存在自体がボケなので聖杯問答のときにようやくツッコミ入ったけど。もはやそのアホ毛すらがツッコミ煽りに見えてどうしようもなくイライラしたぞ!

少しスッキリしました。

このあと、初代アニメ化となるFate/Staynightを観たので感想がまた少し変わりそうです。

| アニメ | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mametarou135.blog135.fc2.com/tb.php/446-f9eb45f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT