PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

CASIO PROTREK PRW-S6000Y-1JF

54'400円(税込み)


そろそろ“長年使える” “しっかりした” “機能性のある” “カッコいい”時計が欲しいと思っていたワタクシ
別に登山するわけじゃないんだけど。G-SHOCKみたいな壊れないヤツっぽいからコレでいいやと選びました

なんとなく時計いぢってるだけでも楽しいんだけど、方位測定機能やら高度計やらは使うことないので無意味
山行って方位磁石と地図睨むようなことは、まず自分の人生ではありえないだろうからどうでもいいんだけどネ

■ここが好き
自動で時刻を修正してくれて、かなり正確であること。
   自分の時計を見ればまず間違いない時を表示してくれることがこんなにいいこととは………
   秒針まで正確だからカウントダウンも完璧に合わせられます
   この電波時計機能は、今後も絶対欲しいと思える素晴らしいものでした

視認性がとても良い
   斜めからの角度でもチラッと見ただけで時刻がわかる。
   実用性を考えるなら、視認性はなくてはならないものになりました。

タフっぽい
   スポーツシーンで使うことも増えると思う。硬いに越したことはないヨネ
   だから同シリーズよりちょっと高いサファイヤガラス仕様のこれを選びました

針がすごい動く
   針退避モードとか、方位測定すると秒針が磁北を指したりとかなんかすごい
   子供に見せたらすっごい喜ぶので、オフの日のお父さん向けです

スマホと違ってブラインド操作できる
   何をするにも必ず画面を見なければならないスマホは、自転車移動の自分には不便で仕方ないわけで。
   それに冬は上着の内ポケットにしまうし、夏は自転車に付けてるケースにしまうし、
   毎度毎度取り出してボタン押してロック解除して…なんてやってらんない。
   覚えちゃえば何もかもブラインドでおk。これからはいつでも通勤TAができるぞ!

所有欲を満たしてくれる
   「自分は高くていいものを身に着けているんだ」っていうのがこんなに気分のいいものだとは思わなかった。
   上を見たらキリがないけど、2万以上する時計は自分の中では高級品なのだ!
   かといって見栄を張らず、自慢せず、あたかも安物を扱うように、普段通りに馴染ませていくのが目標

大きくて重い
   はずなんだけど、ジョギングやサイクリングなどの軽い運動をしてるときには気にならなかった
   ウィリーやらバニホの練習してるときも全然。
   自分は腕がかなり細いんだけど、大きさや重さはむしろこれくらいが程よいとも思えた



■使ってみて気になったところ

やたら機能が多いけど、その大半を使うことは結局なかったし今後もなさそう。ただ逆に「この機能は使わないのだから、次回はいらないな」という判断材料になってくれた

そもそも登山用だからアレなんだけど、スーツだと浮く。さすがに恥ずかしいしジャケパンスタイルでいることが増えたので別物を買うことを検討しはじめた。しかしどうしても「電波時計+ソーラー」という組み合わせは絶対なので、次回もきっとカシオかシチズンになると思う。セイコーは何故かその組み合わせだとやたら高いのしかないんだよね





いらなくなることはないけど、登山家な父親へのプレゼントにしてもいいかなーなんて思ったり。
ゆうて昨今の百名山登りごときでこんなツール必要ないけどね。

もし次を買うようなことがあったら………
方位測定・高度・気圧・気温とかのちゃんと機能しないシステムを廃して、スポーツ向けの機能を追求したのが欲しい。
GPSマッピングとか、wifiでスマホアプリと連動できるとか。腕時計からスマホの音量調整できたら最高だろうになぁ

あれ?それってスマートウォッチじゃね………?

| 買い物/レビュー | 03:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mametarou135.blog135.fc2.com/tb.php/370-8d7b62db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT