PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宮城県亘理郡亘理町(亘理=わたり)


仙台駅 5月29日 23時59分発 ドリーム政宗号に乗って、
新宿新南口の乗り場から仙台駅東口へ。
←仙台駅の写真(正面からの図)

6月1日~6月5日までの4泊5日、
人生初の単独ボランティア活動をしてきました。
初めて尽くしだったからワクワクが止まんなかったZE

いわゆる東日本大震災のボランティアです。
被災地での写真撮影は遠慮しとこうと決めていたので、 (後々考えてみたら別によかったかもしれないけど)
文字だけのちょっと寂しい記事になるかもしれません(元々写真なんてそんなに使ってないブログだけどネw



▼活動拠点となるボランティアセンター近くの亘理(わたり)駅
亘理駅 仙台市内のカプセルホテルに連泊したけど、
亘理で直接宿とっておけばよかった。

常磐線で仙台から亘理まで片道480円
考えたら宿代2,000円くらい追加して、
飯付きのもっといいとこ泊まれば良かったヨ

それにしてもふざけた格好の駅だ。
忙しかったから攻め込めなかったけど、
次来たときは落城してリフォームしてやる。
伊達政宗ごとき独眼竜に負けねーし!
(誰の城だかわかりませんが)
仙台駅から亘理にかけて、駅周辺は別にどうってことなく機能してます。
ってか、さすが中央都市なだけあって仙台は賑わってますな。人多いです。
人多いけどアーケードもメインの道路もすっごい広くて歩きやすい。綺麗に都市化されてるなーって印象でした

そして目に付く楽天イーグルスの応援旗。TVの楽天戦を見て「あ、やっぱ仙台にいるんだな」と思ったり。



亘理は仙台からちょうど南に位置するザ・田舎。ここから仙台湾まで4~5kmくらいだろか?
当日の気温はちょうど梅雨入り前で涼しくて過ごしやすかった。超気持ちいい天気!

海から亘理駅までほぼ平坦なんだけど、常磐自動車道が防波堤代わりになってくれたおかげで被害はほとんどなかったそうです。ただ、その高速道路をすぎると(荒浜方面)あたり一面↓な感じ(画像はお借りしました)
塩釜亘理線
これは津波発生から2週間後の映像ですが、2ヶ月近く経った今でもほとんど変わってなかったです。
道路上の泥だけなくなって綺麗にはなったけど、道はところどころ陥没。風景はずっとこのまま。

ちなみに、小型の漁船なんかも転がってました。民家の隣にポツンと。
自衛隊も忙しそうに走り回ってたり、重機が色んなモン集めてたりしてますた。



自分が担当したボランティア活動の内容

▼お宅の清掃
1Fの天井近くまで水没した家の中や庭先のヘドロ撤去・清掃
集めたヘドロや壊れた家具などは一輪車にのっけて近くの田んぼなどに捨てます。(後で重機で運ぶらしい)
ガラスとか釘とか落ちてるから、神経使いつつ安全優先で作業します。



▼側溝清掃
側溝(そっこう→道路や鉄道線路に沿って設ける排水溝)にたまったヘドロの撤去
一番の重労働。けど達成感もひとしお
水分を大量に含んだ臭いヘドロをひたすらシャベルですくって運んで捨てる…の繰り返し。
外での作業なので、熱射病が怖い。まだ気温低かったからいいけど、夏にこの作業は危ないよなぁ



他にも救援物資の宅配やら、避難所のお手伝いなど、力仕事じゃないものもけっこうありました。
何するにしても自家用車必須です。軽トラとかトランポはやはり最強だった。

自分は、基本はお家の清掃を選んでやらせてもらってました。
最終日に側溝清掃したけど、やはり筋肉痛に。最終日である意味良かったw



しょせん素人の集まったボランティアだから、できることは非常に小さいけど、
やるとやらないとじゃ全然違うのが、現地にいれば目に映ってきます。

もちろん、ボランティアは「させて頂いてる」の精神です。
ボランティアには、そういった理解と行動力がある人だけ行って下さい。


興味はあるけど、ボランティアはヤダナーと思う人は仙台市内などの観光するのがいいです。
仙台は美味い物がいっぱいあるし、お土産もアタリが多いので、行って損はねーです。
お金使ってったって下さい。むしろ、そのほうがボランティアよりいい気がしてます。

新幹線も高速も使えるし、今年の夏は東北もいいんでねーかな



ここまでボランティアについて喋ってきたけど、今回の旅の目的はもちろん仙台名物の牛タンであります
仙台駅付近にいくつもある牛タンの店の中から、たまたま入ったチェーン店の一品を紹介しよう!

たんや 利久(りきゅう)の、牛タン定食(トッピング:とろろ&卵) 1,650円くらい
牛タン定食

▼左下のご飯は麦交じりの麦飯。でも、臭みはほとんど気にならない。
そこへぶちこむトロロに、ときたまご。仙台では常識の「麦とろ」だ。
食べ方は知らないので、醤油だけかけてご飯に乗せてイタダキマス。(麦とろに卵は余計かも?)
個人的に、「別にトロロなしで、牛タンのせて食べたほうが美味しい」
とろろ乗せる文化も後から追加されたらしーし、でもとろろはとろろで美味しいけどネ!



▼真ん中にあるのが、メインの牛タン。写真だと小さく見えるけど、ボリュームはかなりあります。
厚切り(焼き上げたので5mm~7mm)の牛タンに切れ目がいくつか入ってました。この切れ目はなんなんだろか
神奈川の焼肉屋だったら牛タン=薄切りなのでカルチャーショック

味付けは「塩だけ」とは違ってもっと複雑。みりん醤油系だと思うんだけど、どんなタレなんだろ?
今まで塩焼きこそ至高と思ってたけど、さすが食べ方を考え出した仙台は格が違った。
そしてこの歯応え!牛タン好きにはたまらんちん!!きゅうりとキャベツの漬物も(゚∀゚)ウメェ!!



▼右上に見えるのはテールスープ(仙台名物の一つ)
その名の通り、尻尾のお肉と骨、それから千切りにされた葱が入ってます。これがまた美味かった。
一番出汁と牛の尻尾の出汁を合わせたのかな、沖縄のソーキそばに近いです。



▼右下はお通し
(レバー?)内臓っぽいのとホウレンソウ。冷たくって いかにも居酒屋で出てきそうなお通しデス。



■次回観光にいったらこうやって食べよう。と思ったことのまとめ

お通しをつまみながら酒を呑んで牛タンを待つ

テールスープ・麦飯・牛タンを美しく3角食べ

残った漬物をポリポリしながら追加の酒を呑む

これぞ旅の最も重要な計画。絶対また食べてやる!


それから次はずんだもち笹かま萩の月はらこ飯と気仙沼の海産物と、
福島名物 「木の幡」(このはた)の凍天(しみてん)も食ってやる
そうそう、もう一つお菓子好きな自分の目標としてジャガリコずんだもち味を食べることも忘れないようにせねば

…宮城って美味そうなモンが意外と多いナ。金があれば秋頃にまた行きたいンダけどなァ。
観光目当てで行くのもいいんだけど、旅行するときってけっこう時間余って暇だから
ボランティアして軽く疲れた後に温泉とか入るのが実は丁度いいんだよネ。まさにエゴだけどw

次行けた時は綺麗になってるとイイナ。早い復興を願ってます。そしてオレに美味いものをヨコセw

| 旅行・観光 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mametarou135.blog135.fc2.com/tb.php/181-e83e5934

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT